メニュー

舞台は「かわさき」

m header tel

m header mail

映画・ドラマなどの撮影が日々沢山行われているまち。
「川崎市」が舞台となった作品を紹介します!

ドラマ「ドS刑事」

4

doesu2

doesu3

主演:多部未華子、大倉忠義、八乙女光ほか

日本テレビで平成27年4月から6月に放送された連続ドラマ。
「川崎青空警察署刑事一課強行犯捜査係」に配属された巡査部長の黒井マヤ(多部未華子)とその相方の代官山脩介(大倉忠義)が、川崎を舞台に事件を解決していく物語。

撮影メモ

舞台は京浜地帯という事でロケ場所に川崎区内が多く登場しています。川崎の商店街で撮影を見かけた人も多いのでは?毎回いろいろな公園が出てきて「ここはどこかな?」と考えるのも楽しかったです。ドラマの中に度々登場する街の風景は川崎市役所第3庁舎の屋上から撮影をしました。18階建ての屋上は見晴らしが抜群!

映画「想いのこし」

DSC09823

P1040562

DSC09711

主演:岡田将生、広末涼子、鹿賀丈史ほか

平成26年11月公開の映画。
お金と女に目がない青年ガジロウ(岡田将生)が、ひょんなことから現世に未練を遺(のこ)した幽霊たちを成仏させようと奔走しながら騒動を巻き起こしていくさまを、涙と笑いを交えてつづる物語。未練を残した幽霊の一人(鹿賀丈史)が川崎市消防署員の設定でした

撮影メモ

川崎市消防局で撮影が行われたのは12月末でした。本物の消防指令センター前での撮影は緊張感がただよう雰囲気でしたが、リアルな映像が撮れました。また、主人公の車が消防車5台を引率して火災現場に向かうシーンは圧巻です。

撮影現場では、撮影の合間に出演者の方が仲良くお話していたのが印象的でした。

ドラマ「ドン☆キホーテ」

DSC07093

IMG 7537

DSC07137

主演:松田翔太、高橋克美、内田有紀ほか

日本テレビで平成23年7月から9月に放送された連続ドラマ。ある日突然、川崎市の架空の児童相談所の職員である城田(松田翔太)と魂が入れ替わった任侠集団の親分の鯖嶋(高橋克美)が、児童相談所を舞台に子ども達を救う正義のスーパーヒーロー物語。

撮影メモ

川崎区にある工業団地の会館が児童相談所になりました。3ヶ月の間、小さな庭には遊具が置かれて、壁には可愛い絵が飾られました。劇中では2階に上がると事務所があるのですが、実は2階はスタジオのセットで撮影されています。川崎が舞台という事で事務所には川崎市のゆるキャラがいくつも飾られていました。川崎駅近くのルフロンや銀柳街などで頻繁に撮影が行われていて、見学者が日々増えていくのが楽しかったです。

映画「小川町セレナーデ」

映画「小川町セレナーデ」

映画「小川町セレナーデ」

映画「小川町セレナーデ」

主演:安田顕、須藤理彩、藤本泉ほか

「かわさきシネマアワード」にも選ばれた、平成26年に公開された映画。
オカマのエンジェル(安田顕)、エンジェルに恋したシングルマザーの真奈美(須藤理彩)、2人の娘小夜子(藤本泉)が、真奈美の経営する「スナック小夜子」を舞台に織りなす人情喜劇。

撮影メモ

川崎区の境町にあるスナックを中心に川崎市内一帯で撮影されました。
市民有志でつくる「かわさき街おこしシネマプロジェクト」が中心となり、多くの市民がエキストラで出演するなど川崎市と市民が一緒に協力した作品です。
メイン舞台のスナックを探す為に制作スタッフは市内の様々な場所を探し回り、やっと見つけたレトロな空き店舗がとても素敵な店に生まれ変わって登場します。
ロケ場所探しについてはこちら⇒「撮影秘話」http://ogawacho.com/secretstory.php